営業中 

営業時間:10:00~19:00

定休日:木曜・金曜

052-442-1182

チューニングメニュー

Superlate Tuning

スーパーレイトチューニング

スーパーレートシリーズは、創業以来、純粋にカーオーディオに取り組んできた40年間で培った技術を注ぎ、これまでメニューとしては表に出していなかった至高のチューニングメニューです。

手間仕事中心となりますので、費用も工期もかかりがちですが、これまで常連様でも来店率が高い方しか知り得なかったメニューを知っていただきたく、表メニューとして掲載いたします。
それぞれ高価なメニューですが、次の手のヒントになればと思います。

※電話でのお問合せでのご対応は、控えさせていただいております。
実際お車を拝見し、細かな打ち合わせの上工法や費用が算出できる内容ですので、あしからずご容赦頂ますようお願い致します。

あなたのために至高のシステムを。

オリジナルメタルバッフルや、デッドニングのSTEP3は、通常メニューとして表に出した数少ない、もともとは裏メニューのチューンナップでした。

コストパフォーマンスに重きを置く通常ラインナップとは一線を画し、コルトレーンが有するノウハウを、コスト度外視で頂きを目指します。

通常メニューを施工いただいているお客様は”この音で?”驚くかもしれませんが、実は通常メニューはコストパフォーマンスを最大限重視しておりますので、最高でもコルトレーンが保有するノウハウの60%ほどのレートで施工されているんです。
60%と聞くと少し残念な印象を持ちますが、100%からのステップダウンですので、コストパフォーマンスの悪いファクターを排除した結果の60%ですので、ステップアップ途上の60%とは異なり、中身も充実度も全く異なります。

それをベースに残り40%のコスパの悪い部分をを開放するのがSuperlate Tuningです。

コスパの悪い部分ではありますが、60%を満たしているからこそ欲しくなる残りの40%ですので、費用はかかりますが唯一性の高い高品位な音が手に入ります。
コストやその他のファクターと言った制約を排除し、音質のみを最優先とするSuperlate Tuningは、間違いなくコルトレーン最高峰の音質と言えます。

音質を最優先とするため、コストの他にも純正パーツの大掛かりな加工や、変更など、ある程度犠牲になる部分も出てきますので、施工の際は綿密な打ち合わせの上工法などを決定する、フルオーダーのチューニングです。

メニュー詳細

SL-Power

12Vというオーディオには過酷な電源環境下で、機器から最高のパフォーマンスを引き出せるよう環境を一からデザインします。
電気は必ずしもプラスからマイナスに流れているわけではなく、その逆方向に流れるものがあります。
そういったファクタを徹底排除し、複数アイテムを駆使し正常な直流12Vを機器に送れる環境を作ります。
同時にグランドの環境も整備しますので、電位差による様々な悪影響も軽減され、ノイズフロアの低減にも効果があります。

通常メニューからのステップアップにも対応します。

SL-Signal

スピーカーケーブル、ラインケーブルを通常ラインナップ外の、よりクオリティーの高いケーブルに変更します。
ただでさえハイクオリティーなコルトレーン標準ケーブルですが、更に良いケーブルを使用します。
当店からコンペ車両やデモカー、得意様の車両では、マストとなっているケーブルです。
よりハイスピードで情報量も多く、力強い物は力強く、優しいものは優しく描き分ける、音質の頂きを目指すにはマストとなるケーブルです。
端末は全てロジウムコート端子を使用します。

SL-Enclosure

一般に言うところの「デッドニング」です。
そもそも当店のデッドニングメニューは、総合的にドアをスピーカーを鳴らすためのエンクロージャーに仕立て直すもので、デッドニングはその一つの工程にすぎません。
Superlate Tuningでは、通常メニューではできなかったより高度なチューニング施します。
通常メニューでは入っていないビビリ対策や、バッフル、インナーパネルの強化、全く異なる工法の追加施工などを織り込み、より鮮度高く、純粋でクリアな再生音を目指します。

通常メニューからのステップアップにも対応します。

SL-Connect

シグナルだけでなく、電源も接点での損失は非常に大きいものがあります。
ギボシなどの端末端子、コネクター類など、オーディオ装置には多くの接点が存在します。
この接点環境を改善することで、音質に対し大きなアドバンテージを得ることができます。
端末端子はロジウムに変更し、コネクタ類ではリケーブル含め、多岐にわたる部分で接点改良を施します。

通常メニュー、現状からのステップアップにも対応します。

SL-Grand

低次で言うところの「アーシング」のような作業です。
車両電源は12Vしかありません。
ですが、グランド(アース)にも電位が存在し、実際使える電圧はグランドの電位を差っ引いた電圧となってしまいます。
SL-Powerでもある程度の対策はされていますが、こちらではもっと積極的にグランドの整備を行います。
電源強化にとどまらず、ノイズ低減、音質アップ。
オーディオには関係ありませんが、燃費の改善や、走行フィールの向上などが望めます。

通常メニューからのステップアップにも対応します。

SL-Silent(準備中)

一般的に言う「静音化」です。
防音とは「吸音」「制振」「遮音」の3つのファクターを用いて実現するのですが、実際車両にこの3つを高次で施すことは難しく、一つ一つのファクターをとっても理想的な形での施工は大変困難です。
SL-Silentでは、現在某所で開発中の次世代素材を用い、不完全になりがちな部分を補いながら、更に複数素材を適所に施すことで、静音を高次で実現します。
また、トレードオフになりがちな静音化のデメリット部分を大幅に軽減し、再生音へのメリットを最大限にするデザインになっています。
また断熱性にも優れた素材を使用しますので、夏は涼しく冬は暖かく車内を保てます。

SL-Baffle

バッフルはオーディオの物理的な基礎部分のなかでも最も重要とされていますので、通常メニューでも細部にまで気を配り、しっかりと施工されています。
ですがコストを考えるとどうしても受動的な施工になり、積極的に機能を高める工法ではありません。
車両によりまちまちなインナーパネルの強度の強化や、より積極的な振動のコントロールが可能となり、強大なスピーカーからのエネルギーをしっかり受け止めることができるようになり、より正確で繊細でダイナミックな表現ができるようになります。

標準のアウターバッフルからのアップグレードにも対応しています。

SL-USB

コルトレーンオリジナルのUSBケーブルです。
中間マージンが一切なく、製造直販ならではの価格です。
端末端子はUSB-A、USB-B(mini含)のオス、メス、USB-C、Lightningオスの中から自由に端末を選べます。
長さの指定もできます。

特殊巣材のシールドや、細部にわたり対策を施していますので、非常にノイズレベルが低く、鮮度が高い音です。

 

SL-Power

メーンバッテリー、サブバッテリー、ケーブル、キャパシターなどを用い、電源環境を刷新します。

バッテリーなど車両によりスペースの問題などで取付不可な場合などございますので、打ち合わせの上施工内容を決定いたします。

 

内蔵アンプでフル施工の場合の費用目安(税込320,000円~460,000円)
標準メニューからのグレードアップの場合は、流用パーツ分相殺します。

SL-Signal

コルトレーンでもこれ以上のケーブルをおすすめすることはない、取り扱い最上位レベルのケーブルを使用します。
デモカーのゴルフにも使用しています。
端末は全てF2musicのロジウムコート端子を使用します。
Lv1からLv3までのグレードを準備しております。

内蔵アンプ2wayでの費用目安(Lv1税込210,000円、Lv2税込250,000円、Lv3税込380,000円)
※車両、システムにより変動します。

SL-Enclosure

より積極的なドアチューニングとなります。
ドア内部、内張りとインナパネル間のアクースティック、一部機能の追加、共振、振動のコントロールを高次で行います。
車外からのノイズ、ドア自身から発せられる付帯音を大幅に軽減します。

フロントドア左右の費用目安(税込460,000円)
※デッドニングSTEP2、STEP3も料金に含まれているため、施工済みの場合は相殺します。

SL-Connect

端末端子を全てF2musicのロジウム端子にします。
機器コネクターで適合がある場合は、そちらもロジウムコート端子を使用し、リード線はリケーブルします。

ナビヘッド、内蔵アンプ2way、コネクタ交換なしでの費用目安(税込50,000円~)

 

SL-Grand

アースの追加だけでなく、様々なアイテムを適所に施工しグランド整備をします。
端末端子はすべてF2musicのロジウムコート端子を使用し、ケーブルは適所で数種類使用します。

施工費用目安(税込310,000円)

 

SL-Silent

ルームアコースティックに悪影響を及ぼさない工法での施工なので、ありがちな狭所に閉じ込められたような閉塞感も無く、効果的、且つ最大限の静寂を実現します。
現在開発中の次世代素材のほか複数素材を用い施工します。

素材が高価なため高額になりますので、ポイントでの施工も承ります。
その場合もありがちな、未施工部分が極端に気になるような不自然なアコースティック環境になりにくいです。
タイヤハウス周り、バルクヘッド、ファイアウォール、ルーフ、フロア、リアラゲッジ、リアハッチへ施工します。

 

ハッチバック形状の車両でフル施工の場合の費用目安(税込ASK)
※現状某メーカーで開発中の素材がかなり高価になりますので、フル施工の金額はかなり高額となります。

SL-Baffle

バッフルを通常メニューのものより強力な構造で制作し、ベースバッフル、トップバッフルともにステンレス製を使用します。
構造変更により、様々な効果を狙っています。

 

フロント左右バッフルでの費用目安は(税込170,000円)

SL-USB

線材やその他パーツの選定から制作まで全て一貫しコルトレーンで行っております。

非常にノイズが少なく、鮮度、情報量、質感共に申し分ありません。
ハイレゾ環境下でもこのケーブルの良さは引き立ちます。

価格 ~1m(税込37,400円)、以上10cm毎(税込3,300円)

価格表

ページのトップへ